BLESS のプレイ環境

スポンサーリンク

 昨年、取り立ててやるようなネトゲもない癖にグラボを Sapphire の AMD Radeon RX470 4GB 版に変更していたので、DX9 世代のゲームだけど負荷などから快適に遊べるかどうか気になっていた。
 実際に遊んでみると人が多ければ重いのは当然として、普通に街中をちょろちょろする程度であれば 40~60fps は出ていたので良かった。

 ダンジョンの中だけど RivaTuner + HWiNFO64 で H/W のステータスを OSD 表示させてみた物が次の SS。

 オフィシャルに推奨スペックとして示される CPU は AMD だとまんま自分が使っている FX-8350 になっているから良いとして、グラボは「NVIDIA GeForce GTX760 / AMD Radeon HD7870」と書かれているからこれは RX470 だから余裕でクリア。VRAM 使用量も一日中動かしていてもピーク 1.5GB に届かない位だから VRAM 不足という事も無い。
 といっても CPU はだいぶ遊んでるコアもあるし GPU も常時高負荷という訳でもない。
 物理メモリ使用率が高めに表示されているけど、これは裏でブラウザとして「タブ 100 個くらい開いた Firefox」と「タブ数十開いた Vivaldi」が起動したままだし MUA やらターミナルソフト等々あれこれ動いているので大した消費量でもない。16GB つんでるうちピークでも 12GB ちょいまでで収まってるし問題は無い感じ。ページファイルの表示はしていないけど裏では 90% 近くになってるからいざとなればブラウザを 1 つ閉じれば良いかなと。

 BLESS は DirectX 9 というかなり古い API レベルしかサポートしないから、ハイエンドなグラボにしても体感性能の伸びがさほど大きくないハズ。もっと DX11 とかにも対応してくれるといいんだけどねぇ。

 そんなわけで BLESS をプレイする上での H/W 要件はさほど高くないから、呼び込むプレイヤー層は多いはずだけど今の時期に MMORPG がどこまで流行るか否か次第になるかと思う。
 自分はこう言うの大好きなおっさんなので大好物ですが!

スポンサーリンク